上田昌文先生による学習会「赤ちゃんを襲う見えない汚染〜あなたの選択でこどもの健康は守られている?〜」

0
    1月30日に旭センターで行われた学習会の報告です。
    「赤ちゃんを襲う見えない汚染」をテーマにNPO法人市民科学研究会 代表の上田昌文先生にお越しいただきました。

    上田先生から「子育てや普段の生活で不安や心配に思うことは何ですか?」と聞かれ6つのワークグループで意見を出し合いました。

    生活用品の合成化学物質や子供のアレルギー、コミュニケーション、香害や食品の安全性に関する心配事など多くの意見が出ました。
    化学物質の毒性や電磁波、生活習慣と環境、これらを言い替えれば、合成洗剤や柔軟剤、スマホやテレビゲーム、外食や夜更かし、と、どれも身近で思い当たるものばかりです。
    もし、これら全てに子供の健やかな成長を妨げるリスクがあると知っていれば、あえて選択はしないでしょう。



    参加者からは、
    ◎上田先生のお話、とてもわかりやすくおもしろかったです。石けんだけではなく今問題とされている幅広い事を知れて知識を得られました。知っていると知らないとでは大きい。そして自分で調べてみようとさらに思いました。

    ◎電磁波の怖さがよーくわかったので、中1、中3の子供たちとリスクの話し合いをしてみます。

    ◎以前から上田先生の本を読んでいて会えてすごくうれしかったです。読手も気になっていることが(化学物質から電磁波まで)話されていてとても充実した時間でした。

    ◎普段気になっている様々な問題を取り上げていただきとても勉強になりました。子どもたちを守るために、生活を、社会を変えていくためには時間がかかるとのことですが焦らず取り組んでいきたいと思います。

    など、ほかにもたくさんの感想がありました。ありがとうございました。
    「化学物質を使った消臭剤や芳香剤より新鮮な空気を。」
    上田先生から頂いた資料を読み返し、思わず膝を打ちます。

    子どもたちのために本当に良いものを選ぶなら、まずは家庭から見直し、そして正しい知識を子どもたちと一緒に身につけていこうと思いました。
    posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【学習会報告】 | 17:08 | comments(0) | - |

    <旭北コモンズ>出前講座 ダウン洗い

    0
      こんにちは。
      先日旭センターにて、石けんビレッジによる出前講座が開かれました。
      今回のテーマは「ダウン洗い」
      シーズン毎にお店でドライクリーニングをしている方も、是非自宅でのダウンコート洗いにトライしてみましょう!
      ポイントは始めから終わりまで、同じ水温で行うことです。
      まずはどの部位に汚れが集中しているかどうかをよく見て覚えておきます。
      次によく泡立てた石けんの中へ入れて押し洗い。
      この時、汚れが目立つ部位は個別にこすり洗いをするのがポイントです。
      中に綿が入っているので「揉み洗い」はNGです。

      汚れが落ちたら次はすすぎです。
      3回ほどきれいな水に入れ替えてすすぎますが、すすぐ度に洗濯機で1〜2分脱水することでせっけん液を飛ばしきることができます。
      通常の洗濯と同じく、最後のすすぎではクエン酸を少し使います。

      最後の脱水が終わったら、良く振って乾かして終わりです。
      多方面から振ることで中綿の寄りも解消できます。


      その他、おやつを食べながら合成界面活性剤と石けんの違いや、香害、消臭スプレー、クレンジングオイルの話や実験など、生活に身近な合成洗剤のお話をさせていただきました。


      最後に、おやつで使った食器を固形石けんで洗いました。

      参加した方からはたくさんのご質問をいただきました。
      (Q)石けんって泡立てないとダメですか?
      →(A)石けんは良く泡立った状態が一番界面活性成分が活躍します。

      (Q)石けん洗濯で石けんカスが残るのです、どうしたら?(縦型全自動洗濯機を使用)
      →(A)石けん洗濯のポイントと洗濯機別(二層式、縦型、ドラム)の洗濯の仕方をお伝えしました。

      (Q)洗濯に酸素系漂白剤のみを使っているが、においが気になります。
      →(A)お湯を使って浸け置きをしてみたら少し解消するかもしれません。

      (Q)重曹スプレーが目詰まりしてしまいます。
      →(A)セスキのほうが水に溶けやすいのでスプレーボトルに入れるならこちらがおすすめ。

      (Q)食器洗いのすすぎでこすらないのはなぜ?
      →(A)落ちた汚れ(石けんカス)が再び食器に付着するのを防ぐためです。

      他に、フード付きダウンの洗い方や合成洗剤の製造方法など、皆さんとても興味深く聞いてくださいました。
      また小さなお子さん連れのお母さん方も 長い時間お話を聞いてくださり、本当にありがとうございました。

      石けんビレッジでは他にも石けんの使い方講座を多数行っております。
      皆様次回も是非、ご参加ください。
      posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【出前講座レポート】 | 18:19 | comments(0) | - |

      粒状石けんを使った、子どもの上履き洗い

      0
        今回は子供の上履きを、粒状せっけんを使ってピカピカにします。

        幼稚園児のサイズでしたら300mlの水道水と小さじ2分の1の粒状せっけんで十分です。


        まずは分量外の水道水に上履きを浸します。
        十分に濡れたら、分量の水と粒状せっけんを桶に入れ、泡立つまで撹拌します。
        泡立った桶の中に上履きを入れて ブラシでよくこすります。


        きめ細かい泡が汚れを落としていきます。
        薄汚れていた上履きの汚れで 使ったせっけん水は茶色くなりました。


        最後に2回程度、新しい水で押し洗いしてすすぎ、ぎゅっと絞ったら、形を整えて乾かします。


        水性絵の具や砂ぼこりが真っ白になり、 スッキリと気持ちのいい洗い上がりです!

        固形せっけんでも同じように洗うことができますよ。
        是非試してみてください。
        posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【石けんの上手な使い方】 | 16:07 | comments(0) | - |

        おしゃれ着を上手に洗うコツ

        0
          今回はおしゃれ着洗いです。 はじめから終わりまで常温の水を使うことで縮みを防ぎます。
          【カーディガン】
          たらいに水を入れキッチン用液体せっけんを入れます。手でかき混ぜてきちんと泡が立つことを確認します。

          カーディガンを入れ押し洗いします。こすり洗いはNG

          すすぎも同じように押し洗いします。 

          すすぎの水がきれいになったらクエン酸を少量入れます。同時にグリセリンを入れるとふっくら仕上がり、静電気防止にもなります。

          手で押すように絞ったらタオルの上に置き形を整え挟んで水けを取ります。洗濯機の脱水機能を使う場合は30秒で止めてください。

          型崩れしないように平干ししてください

          【シルクのスカーフ】
          シルクは絶対にこすらないこと。 洗いから脱水までなるべく短時間で行うこと。タオルで水分を取ったら、乾く前にアイロンで仕上げます。




          今回はキッチン用液体せっけんを使用しましたが、石けんシャンプーでも洗えます。
          posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【石けんの上手な使い方】 | 12:14 | comments(0) | - |

          〈神奈川コモンズ〉やかんの汚れ落とし

          0
            11/25 神奈川コモンズ出前講座
            今回はやかんの汚れ落としをしました。
            ↓汚れを落とす前のやかんです

            1.やかんが入る大きい鍋にお湯を沸かし石けんを入れ溶かします。吹きこぼれるのでごく弱火にしてください。
            2 .やかんを沈め酸素系漂白剤を振り入れます。 注)泡が勢いよく出てきて鍋からこぼれる場合があるので鍋をシンクに移動するなど様子を見ながら加えてください。
            3.とろ火でしばらく煮ると油汚れがベロっと剥がれてきます。
            汚れがひどい場合は時間をかけてください。

            ↓煮洗い20分後。

            この後出前講座終了のため続きは自宅で。

            ↓自宅に持ち帰り汚れ落としの続きをした結果です!
            posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【出前講座レポート】 | 15:47 | comments(0) | - |