2017年 石けんビレッジスタート集会&学習会『化学物質はどこからどこへ?〜実は身近なベンゼン・シアン〜』合成洗剤・柔軟剤とベンゼン・シアンのかかわりを知ろう!

0
    6月6日(火)に港南センターで洗剤・環境科学研究所 長谷川 治先生による学習会が行われました。

    今、話題になっている豊洲市場の地下水から有害化学物質ベンゼンがなぜ検出されるのか、その毒性、又、最近のニオイが持続する柔軟剤に含まれるイソシアネートの毒性、合成洗剤の主成分である合成界面活性剤にPRTR*の第一種指定化学物質が含まれていることなど、興味深い話を伺いました。また環境にあまり負荷をかけない洗浄剤である石けんですが、使い難いといった意見に実験をしながら問題を解き明かし、なるほどと納得がいくわかりやすい学習会でした。

    では、今回の学習会のアンケートの一部を紹介します。
    ・改めて身のまわりにあふれる化学物質の危険性を実感しました。洗剤やシャンプーなどの実際に表示をもとに解説して頂きとてもわかりやすかったです。毒性の強さなど、とても勉強になりました。是非周りの友人や親せきなどにも知ってもらいたいです。

    ・ベンゼンやシアンが身近でなくなるように運動していかなくてはと思いました。『PRTR市民ガイドブック』の普及もすべきでは。最近食洗機がかなり使われていますが専用の洗剤が売られているようですがその辺の状況にも触れてほしいと思いました。

    ・法の抜け道をくぐり、新たな化学物質を生み出し、有害なものを作り続けてまで利益を優先させていく企業の姿勢は今の命と未来の命を軽視していると思いました。自らの誤りを正し、勇気をもって安全の道を選択してほしいと思います。長谷川先生のお話は実験や身近な洗濯などの例もふまえ、とてもわかりやすかったです。

    ・とても興味のある深い話。実験をしてくださりありがとうございます。洗濯の話・シャンプー・化粧品すべて参考になりました。本当にありがとうございました。

    ・質問に答えた先生の最後の言葉に涙が出ました。日本の社会に訴える力、説得力は本当に素晴らしかったです。

    最後のアンケート回答者が記していた質問と回答内容は…
    Q:化学物質はますます増えてきていて、またそれに携わる人も多くこの流れは止めることは無理ではないのか?
    A:法律で取り締まることが大事。このまま地球環境が悪くなれば人は地球に住めなくなってしまうのだから。PRTR法ができるのにも時間がかかったができた。その結果企業努力で削減出来ている。洗剤トップメーカーも石けんを作る技術はあるのだから石けんに変えていけば良いだけの話。企業のトップ次第で会社は変わることが出来る。アメリカのパリ協定脱退など、目標に達するまでにはぶれたりもするがきっと良い方向になるはず。石油はいずれ枯渇してしまうが、植物は繰り返し使えるのだから。

    *PRTR制度…
    化学物質排出・移動量届出制度=人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質が、どこから、どれだけ排出されているかを知るとともに、化学物質の排出量や化学物質による環境リスクを減らすための制度の一つ。
    1.人の健康を損なうおそれのあるもの(例;ベンゼン)
    2.動植物の生息もしくは生育に支障を及ぼすおそれがあるもの(例:ノニルフェノール)
    3.オゾン層を破壊し、太陽紫外放射の地表に到達する量を増加させることにより人の健康を損なうおそれがあるもの(例:ジクロロジフルオロメタン)が対象。
    『PRTRデータを読み解くための市民ガイドブック』は環境省に問い合わせれば送料だけで手に入れることが出来ます。
    posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【学習会報告】 | 18:15 | comments(0) | - |

    〈南コモンズ〉エコ茶会 石けん基礎講座を開催しました

    0
      5月8日 南コモンズ エコ茶会

      この日のエコ茶会はせっけんビギナー基礎講座。市販の合成洗剤(粉状)と針状せっけんとで、 布についた口紅の汚れ落ちを比べてみました。
      合成洗剤水は口紅のピンク色になるものの、 肝心の汚れはなかなか落ちません。 洗剤を直接ふりかけ洗ってみますが、 結局汚れは残ってしまいました。
      一方、せっけん水は土色になりながら布はすっかりきれいに。 せっけんって落ちるんだー!と皆さん感動。
      その後、この2枚の布に暗所でブラックライトを当てると、 合成洗剤で洗った布だけ青白く光りました。 洗剤に含まれる蛍光剤が付着したんですね。

      この蛍光剤、白くなったように見せるため入っているもの、 汚れの上から白く染めているんだそうです(´д` ;)。
      1回ついてしまうと何度洗っても完全には取れないそうで、 お肌や身体への影響も心配です。

      私も数年前まで特にこだわりなく市販の洗剤を使っていましたが、 石けんを使い始めてみると汚れ落ちを実感するので、 毎日気持ち良く洗濯しています。

      さて、改めてせっけん洗濯のポイントです。
      ・ビギナーさんは針状せっけんから始めるのがおすすめ
      ・石けんを入れて5分ほどで泡が立ち、 洗いの最後まで泡が立っていたらベストです。
      ・洗いは最低でも15分・すすぎは2回以上、うち1回は注水する となお良いそう ・針状の無香料に物足りない場合は液体せっけんを少量入れる。
      ・ドラム式は(泡の立ち過ぎで排水エラーになることがあるので) 泡切れしやすい針状せっけんがおすすめ。

      お使いの洗濯機の機種によっても使用感が違うようです。 楽しみながらコツを見つけて、 せっけん生活続けていきたいですね。
      posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【出前講座レポート】 | 15:22 | comments(0) | - |

      〈戸塚コモンズ〉エコ茶会で石けん基礎講座

      0
        戸塚コモンズ
        2/24(金)10時〜戸塚地区センターにて

        戸塚コモンズのエコ茶会に、石けんビレッジ出前講座で参加しました。9名の参加があり、赤ちゃんや幼児連れのママさんもいて、かわいい声にほっこり楽しいひと時でした。
        出前講座のテーマは石けん基礎講座「石けんと合成洗剤の違い」です。合成洗剤の主成分である合成界面活性剤のリスクを、PRTR制度の話と、洗い比べ実験も交えて話しました。

        石けんと合成洗剤の洗い比べ実験は、どの会場でも、おー!と声が上がります。石けんって本当に良く落ちますよ。
        質問も色々ありました。 ・せっけんシャンプーで挫折しました、上手くいくコツは?
        ・ドラム式洗濯機は石けんを使えないと思っていましたが…
        ・液体せっけんの方がよく溶けて石けんカスが付きにくいのでは?
        ・ 酸素系漂白剤漂は、いつ、どんなふうに使うのか
        ・ お風呂の残り湯で石けん洗濯をする時のコツは?

        【参加者の声】
        ・冬の洗濯でめげそうになっていたのですが、話を聞いて再チャレンジします!
        ・実験で石けんの汚れ落ちを目の当たりにして、チャレンジしてみようと思いました。
        ・念願の石けん講座に参加でき、使っていて困っていた事の解決策も得られ有意義でした。
        ・今日から早速、石けん始めます。
        ・前に住んでいた友達と、今日の情報をラインで共有します。

        石けん講座では、何時も嬉しい声を沢山頂きます。子供のために石けんを使いたいと、真剣に、大切に子育てするママさんにも大勢あえます。
        安全な石けんを使いたいけどうまくいかなくて、と悩んでいたら是非石けんビレッジを呼んで下さい。待ってま〜す。



        posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【出前講座レポート】 | 13:38 | comments(0) | - |

        岡田幹治先生による学習会『ひろがる「香害」〜きれいな空気を吸いた〜い!』

        0
          2017年1月30日、旭センターにて岡田幹治先生(ジャーナリスト・元週刊金曜日編集長)による『ひろがる「香害」〜きれいな空気を吸いた〜い!』が行われました。
          参加申し込み者数は80人を超え、予想をはるかに上回るものでした。今回のテーマに対する関心の高さが伺えました。そのときのアンケートをまとめ、結果の一部を抜粋してここで紹介したいと思います。

          【企画の感想】
          ・香料の毒性にはいろいろなものがあり、体にもいろいろ影響があることがわかった。
          ・危険とわかりながら企業優先の社会に腹立たしさを感じた。
          ・発達障害が化学物質の影響を受けていることに驚いた。
          ・柔軟剤や車の消臭剤の臭いがとても不快。使用する人が少なくなってくれればいいと思う。
          ・ゼロにすることはできないので健康な身体を子供たちに与えたい。
          ・「呼吸」による影響度が高いということは初めて知った。
          ・化学物質の危険性をより身近に感じることができた。
          ・自分だけではなく香りに悩んでいる人がいるということもわかった。
          ・平気で害のある成分を使った商品が売れている現実。日本の安全への意識の低さ(安全・未来より今の  利益)。子供を持つ人にもそうでない人にも知って欲しい!
          ・窓を閉めている家の中(集合住宅)や外の建物内でも真上や真下からタバコや洗剤・芳香剤がにおっていると感じる(苦しい。多分、化学物質過敏症)。どこに住めばよいのか、どこで働けばよいのかわからない。
          ・CS(化学物質過敏症)の症状が予想以上にひどいことがわかった。周囲の人々に配慮する面でも石けんを使うことが意味あることだと思った。
          ・小学校の給食の白衣は本当にキツい臭いで悩んでいる。来年度は学校に働きかけたい。
          ・お母さんと子供たち、これからお母さん・お父さんになる若い人にもっと『香害』の実態を知ってほしい。
          ・マンションで隣の部屋の家からキョーレツな香りがすると頭が痛くなり、薬が手放せない。本当にニオイ・テロです。

          【企画への質問】
          Q.化学物質過敏症と診断をする際に何か検査を行ったりするのでしょうか?
          A.専門医の診断は問診が中心になります。医師は受診者に生活歴や家庭環境を質問し、CSの主症状(「しばしば頭痛が起きる」など4項目)と副症状(「のどが痛む」など8項目)があるかどうか調べます。医師によってはさらに、機器を使った検査(「目のピント合わせ」など)をします。その結果「主症状2項目+副症状4項目」ないし「主症状1項目+副症状6項目(+検査2項目)」という診断基準を満たすと、CSと診断されます。

          Q.香水なども合成の香料を使っているもの多いのでしょうか?
          A.高価な香水までが全て合成とは言い切れませんが、市販されている化粧品・日用雑貨に使われている香料はほとんど合成の香料です。量をどのくらい使用するかでも違いは出ると思いますが、天然成分は消えていきますが、合成香料は、長く残留していくので注意が必要です。

          Q.第三次喫煙の害、具体的にどのような影響ありますか?
          A.第三次喫煙とはタバコを消した後の残留物から有害物質を吸入することを指す。
          喫煙者が自身の肺に吸い込む一次喫煙、喫煙者がはき出した煙や保持するタバコの先から立ち上る煙などが他人に吸入されることが第二次喫煙。
          三次喫煙は受動喫煙の後も空間を汚染し続ける。換気をして喫煙しても有害物質は排除できない。
          車や部屋の内部に残留するニコチンが大気中の亜硝酸と反応してニトロソアミン(発がん物質)が作られる。幼児の発育過程の脳に危害をもたらすという説もある。

          Q.ドライクリーニングに出していた衣類(絹)の洗い方は?
          A.着物以外の小物なら針状せっけんで手洗いしてください。絹はアルカリに弱いので手早く洗って下さい。

          Q.スマートメーターは危険だと聞きました。生活クラブの電気に変わったのですが、スマートメーターに交替されてしまいました。対策ありますか?
          A.電力メーカーに変えてもらうよう要望すればやってもらえると聞いてます。それよりもむしろ便利に使っているスマホや携帯電話の方が常に電波を探している状況にあるということなので、使用しないときは電源を切るとか、幼児の近くでは使用しないようにしましょう。

          アンケートには大勢の方が強い「香り」に少なからず困っていると感じました。石けんビレッジは、学習会で学んだ岡田先生の警告を真摯に受け止め、知り得た情報を伝えていきます。
          posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【学習会報告】 | 15:57 | comments(0) | - |

          11/9 シムカラー講習会報告

          0
            11/9港南センター
            (株)しむらの国田さんをお呼びして、シムカラーの学習会を行いました。

            ヘナ業界や美容業界の裏事情から流通に至るまでの話だったり、市販のヘアカラーに入っている薬剤の影響などもお聞きして、知らずに使うことが怖いことだと実感しました。
            消費材で扱っているシムカラーの成分のことも一つ一つ説明していただいて、とても品質の良いものだとわかりました。安心して使えます♪
            あとモデル二人がそれぞれブラウンとオレンジでヘナ染めをしてもらいました。ポイントなども教えてもらいつつヘナをぬった状態で帰宅し、お湯で濯ぐのみにして翌日。二人ともとてもよく色が入ってます。


            posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【学習会報告】 | 17:53 | comments(0) | - |