わたしたちを襲う危険な化学物質 便利さの裏に潜むリスク それは本当に必要???

0
    6月11日(月)港南センターにて、石けんビレッジと栄コモンズ、金沢コモンズ、港南コモンズ、磯子コモンズ、初めての共同企画!

    NPO法人市民科学研究室代表の上田昌文先生による「わたしたちを襲う危険な化学物質 便利さの裏に潜むリスク それは本当に必要???」学習会が開催されました。

    早くから事前申し込みもあり、ポスターをみて当日直接会場に来てくれた方などで会場は満員です。
    上田先生の学習会といえば、ワークショップ形式でスクリーンに出たお題をグループ内で話し合う事も人気のひとつ!皆さんで話し合う事で、学習会が始まる前に自分が思っていたよりも、もっともっとたくさんの疑問点が出てきます。

    そして今回のお題の一つ、「化学物質の事で何が気になるか」と出ると、食品添加物や車の排気ガス、新築時に使用する接着剤、柔軟剤、虫除けスプレー、防虫剤・・・・ほかにもいろいろ、一度は手にした事があるもの、あるいは今も使っている日用品が、実は驚くほど毒性の強い化学物質であるというのが分かってきます。
    例えば、今は多くの人が使っている柔軟剤などが原因の香害。この合成香料はそのほとんどが石油から作られ、成分表示にある「香料」が何かとメーカーに聞くと「企業秘密」なんだそうです。洗濯物に長い時間、香料が残るように、あの手この手で化学物質が使われ、猛毒のイソシアネートも当然のように私たちの日常に入り込んでいます。赤ちゃんの時から大人になるまで毎日、このような化学物質に囲まれていたら、一生の暴露量はどのくらいになるのでしょうか。
    もしかしたら、アレルギーやアトピー、気管支ぜんそくなどの健康被害につながっているかもしれません。
    安心して食事をするため、健康で長生きするためにも、正しい知識をつけて不必要な化学物質を日常に取り入れないように努力していく必要があると感じる学習会でした。

    ここで参加者からの質問にご返事します。
    Q.除草剤は、どのくらいの期間で家庭菜園を始められるほどの土に戻りますか?
    A.一般的に除草剤は毒性が強く分解性が悪いので家庭菜園にはおすすめしません。

    Q.なるべく電子レンジは使わない方が良いと聞きますが本当はどうなのか?
    A.電磁波の事を考えたら、使用中は離れることをおすすめします。

    Q.ひな人形など防虫剤は欠かせないものだと思っているのですが、それも間違いでしょうか?効果的な代替案があればお教えください。
    A.パラジクロロベンゼンが主成分の防虫剤は発ガン性のおそれがあります。生活クラブでは安全なものを扱っています。

    次に、参加者からの感想です。
    ・柔軟剤や消臭スプレーの仕組みを知ることができ、勉強になりました。私は子どもが生まれてから使うのをやめましたが、以前は「便利な物」として利用していました。CMの印象でほとんどの人が使っていると思いますが、どのような成分のものをどのような仕組みで香らせているのかがわかれば、利用する人は減るのではないかと思いました。
    ・とても具体的でわかりやすく、より興味関心をもつきっかけとなりました。一方的でなく“グループで話し合う”時間がはさまれることで理解が深まりました。“共同企画”ということで多くの方と共有できたことは感謝なことでした。
    ・小さい頃(幼少期)に受けた化学物質が成人まで影響するので気を付けなければならないと思った。
    ・洗剤はすべて石けん類に切り替えましたが、友人からもらった子供の服とか香りが強く、何回洗っても臭いが消えず、ごまかしつつ子供に着せていますが、大丈夫なのか?とちょっと不安だったりします。
    ・とてもためになる話ばかりでしたが、家の中の化学物質を0にすることはできず、子供たちにどんな影響が出るのか心配もあります。できるだけ心がけていこうと思います。
    ・自分ではかなり化学物質を排除してるつもりですが、意図せずに取り込んでしまっていることがたくさんあるということが分かりました。柔軟剤などの身近な問題も使う人は他人に迷惑にならないように使ってもらいたいなと思います。その正体を知った上でそれでも使うのかを考えられる世の中になるといいです。
    ・とてもよく分かりました。日常生活に取り入れやすい情報もあったのでよかったです。
    ・有り難うございました。普段生活していて気になってる事が解決できました。
    ・参加してよかったです。自分の体で実験する日々ですが。
    ・具体的にお話を聞けて良かったです。1つの項目についてもっと詳しくお話を聞きたくなりました。
    ・大変おもしろく、興味深いお話ばかりでした。ワーク形式だったので理解しやすかった。
    ・“このくらい大丈夫…”と思われがちですが、身の回りにひそんでいる化学物質の怖さがよく分かりました!
    ・自分は使わない。そういう人を増やしていく事ですね。
    皆様、ありがとうございました。

    石けんビレッジは、石けんを通して人や環境にやさしいライフスタイルを提案しています。
    石けんビレッジの活動は安全な洗浄剤「石けん」をより多くの人に知ってもらい利用を広げ、人や環境への有害な化学物質による負荷を軽減することを目的とします。
    posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【学習会報告】 | 16:16 | comments(0) | - |

    〈磯子コモンズ〉酸素系漂白剤でエリ汚れを落とす

    0
      7月18日、磯子コモンズくらしと環境委員会主催で酸素系漂白剤の使い方を実践しました。
      【Yシャツのエリ汚れを落とす】

      汚れの部分をお湯で濡らし温め、酸素系漂白剤を振りかけ歯ブラシなどで軽くなじませる。
      そのまま5〜10分置く。

      その後すすいで干す。


      【布きんの煮洗い】

      鍋にお湯を沸かし汚れた布きんを入れ、火をと止めてから酸素系漂白剤を入れる。蓋をしてそのまましばらく置く。


      〈酸素系漂白剤を使う時の注意点〉
      *ステンレス・ホーロー以外の金属、大理石、草木染などは避ける。
      *酸素系漂白剤は酸素を発生するので密閉しない。
      posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【出前講座レポート】 | 16:44 | comments(0) | - |

      強すぎる柔軟剤のニオイを除去できるか試してみました

      0
        最近の強すぎる柔軟剤などのニオイ。
        このニオイが苦手な人のために何とか除去できる方法がないかと、石けんビレッジではいろいろと実験を試みました。
        結果、完全にニオイを取り去る方法は見つかりませんでしたが、少しニオイがとれたような・・・という方法をおしらせします。
        それは、熱湯に浸したものと、重曹を熱湯に溶かしたものでした。
        これからもニオイを消す方法を探っていく予定です。


        posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【石けんビレッジより】 | 17:55 | comments(0) | - |

        上田昌文先生による学習会「赤ちゃんを襲う見えない汚染〜あなたの選択でこどもの健康は守られている?〜」

        0
          1月30日に旭センターで行われた学習会の報告です。
          「赤ちゃんを襲う見えない汚染」をテーマにNPO法人市民科学研究会 代表の上田昌文先生にお越しいただきました。

          上田先生から「子育てや普段の生活で不安や心配に思うことは何ですか?」と聞かれ6つのワークグループで意見を出し合いました。

          生活用品の合成化学物質や子供のアレルギー、コミュニケーション、香害や食品の安全性に関する心配事など多くの意見が出ました。
          化学物質の毒性や電磁波、生活習慣と環境、これらを言い替えれば、合成洗剤や柔軟剤、スマホやテレビゲーム、外食や夜更かし、と、どれも身近で思い当たるものばかりです。
          もし、これら全てに子供の健やかな成長を妨げるリスクがあると知っていれば、あえて選択はしないでしょう。



          参加者からは、
          ◎上田先生のお話、とてもわかりやすくおもしろかったです。石けんだけではなく今問題とされている幅広い事を知れて知識を得られました。知っていると知らないとでは大きい。そして自分で調べてみようとさらに思いました。

          ◎電磁波の怖さがよーくわかったので、中1、中3の子供たちとリスクの話し合いをしてみます。

          ◎以前から上田先生の本を読んでいて会えてすごくうれしかったです。読手も気になっていることが(化学物質から電磁波まで)話されていてとても充実した時間でした。

          ◎普段気になっている様々な問題を取り上げていただきとても勉強になりました。子どもたちを守るために、生活を、社会を変えていくためには時間がかかるとのことですが焦らず取り組んでいきたいと思います。

          など、ほかにもたくさんの感想がありました。ありがとうございました。
          「化学物質を使った消臭剤や芳香剤より新鮮な空気を。」
          上田先生から頂いた資料を読み返し、思わず膝を打ちます。

          子どもたちのために本当に良いものを選ぶなら、まずは家庭から見直し、そして正しい知識を子どもたちと一緒に身につけていこうと思いました。
          posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【学習会報告】 | 17:08 | comments(0) | - |

          <旭北コモンズ>出前講座 ダウン洗い

          0
            こんにちは。
            先日旭センターにて、石けんビレッジによる出前講座が開かれました。
            今回のテーマは「ダウン洗い」
            シーズン毎にお店でドライクリーニングをしている方も、是非自宅でのダウンコート洗いにトライしてみましょう!
            ポイントは始めから終わりまで、同じ水温で行うことです。
            まずはどの部位に汚れが集中しているかどうかをよく見て覚えておきます。
            次によく泡立てた石けんの中へ入れて押し洗い。
            この時、汚れが目立つ部位は個別にこすり洗いをするのがポイントです。
            中に綿が入っているので「揉み洗い」はNGです。

            汚れが落ちたら次はすすぎです。
            3回ほどきれいな水に入れ替えてすすぎますが、すすぐ度に洗濯機で1〜2分脱水することでせっけん液を飛ばしきることができます。
            通常の洗濯と同じく、最後のすすぎではクエン酸を少し使います。

            最後の脱水が終わったら、良く振って乾かして終わりです。
            多方面から振ることで中綿の寄りも解消できます。


            その他、おやつを食べながら合成界面活性剤と石けんの違いや、香害、消臭スプレー、クレンジングオイルの話や実験など、生活に身近な合成洗剤のお話をさせていただきました。


            最後に、おやつで使った食器を固形石けんで洗いました。

            参加した方からはたくさんのご質問をいただきました。
            (Q)石けんって泡立てないとダメですか?
            →(A)石けんは良く泡立った状態が一番界面活性成分が活躍します。

            (Q)石けん洗濯で石けんカスが残るのです、どうしたら?(縦型全自動洗濯機を使用)
            →(A)石けん洗濯のポイントと洗濯機別(二層式、縦型、ドラム)の洗濯の仕方をお伝えしました。

            (Q)洗濯に酸素系漂白剤のみを使っているが、においが気になります。
            →(A)お湯を使って浸け置きをしてみたら少し解消するかもしれません。

            (Q)重曹スプレーが目詰まりしてしまいます。
            →(A)セスキのほうが水に溶けやすいのでスプレーボトルに入れるならこちらがおすすめ。

            (Q)食器洗いのすすぎでこすらないのはなぜ?
            →(A)落ちた汚れ(石けんカス)が再び食器に付着するのを防ぐためです。

            他に、フード付きダウンの洗い方や合成洗剤の製造方法など、皆さんとても興味深く聞いてくださいました。
            また小さなお子さん連れのお母さん方も 長い時間お話を聞いてくださり、本当にありがとうございました。

            石けんビレッジでは他にも石けんの使い方講座を多数行っております。
            皆様次回も是非、ご参加ください。
            posted by: 横浜みなみ石けんビレッジ | 【出前講座レポート】 | 18:19 | comments(0) | - |